もとは~す。の馬日記

週末の中央競馬開催に向けて楽しみながら一週間をすごすためのブログです。

☆先週の振り返り★

こんにちは。もとは~す。です

先週は重賞3つ、G1が1つの豪華な週末で充実していましたね。

実は土曜日は現地参戦してました(笑)

さて振り返って参りましょぅ。

【先週のもとは〜す。の買い目】

ダイヤモンドステークス

単勝⑩ 

3連単フォーメーション

⑩-②⑧⑨- ①②③④⑥⑧⑨

単勝170円的中

3連単40420円的中

京都牝馬ステークス

単勝

3連複1軸流し

①-④⑫⑭⑮⑱-④⑫⑭⑮⑱

⑫-①④⑭⑮⑱-①④⑭⑮⑱

不的中&取り消し

小倉大賞典

単勝複勝

3連複フォーメンション

⑤-③⑤②④⑦⑪-③⑤②④⑦⑪

不的中

フェブラリーS

馬連③-⑥⑪

3連複フォーメーション

③⑥⑪-③⑥⑪-①②③⑥⑦⑧⑬⑭

馬連430円的中

3連複2310円的中

 

ダイヤモンドステークス回顧

やはり読み通り、最後はバテあいになりましたね。ただ1頭ユーキャンスマイルを除いてはですが。レースの上がりが34.4の決め脚比べで他の馬がバテてる中1頭上がり33台で差し切りましたから能力が違いますね。天皇賞も楽しみです。やはり最後はバテあいになりユーキャン以外は前にいる組で決まりましたね。


f:id:motohasunomoto:20190220123618j:image

現地にいたので馬券も載せておきました。

パドックと返し馬みて更に点数絞り的中しました。

 

京都牝馬ステークス回顧

+32キロ増のテアレガーロが勝ち、大波乱のレースになりたしたね。

軸にしたアルーシャは道中折り合いまずまずで

直線伸びてきてはいるのですが4着と惨敗でした。距離はこのくらいがちょうどいいですね。

人気馬の中ではこの馬が一番好走したので、次走人気落とした時買いかもしれません。

 

小倉大賞典回顧

軸にしたレトロロックはスタートまずまずも

そこまで位置を取りに行きませんでした。

これが勝負の分かれ目で、

マルターズアポジーが逃げなくて前が断然有利になり、レトロロックには不利な競馬になりました。ただ好位で立ち回っていても、勝馬とは決め手の差がある印象でした。いずれはオープン重賞慣れして行くはずですので頑張って欲しいです。次回、小回りの手薄いメンバーなら好勝負だと思ってます。

 

フェブラリーS回顧

ナナコ騎手の効果で、前年を上回る売上+入場者を記録し盛り上がりを見せましたね!

レースは断然インティが絶妙な逃げで逃げ切り初G1制覇しました。他に主張する馬がいなかったとはいえ、府中のマイルG1を逃げきるのは馬が力をつけてる証拠ですね。

軸馬のゴールドドリームは折り合いに専念し

自分の競馬に徹して、いつもの末脚を見せてくれましたね。こちらも実力馬だけあって3着を離しているのでダート界では上位だと思います。

やはり気になるのはコパノキッキング。

初G1でナナコ騎手頑張ったとは思いますが、もう少し前々でレースをしてほしかったですね。

距離の問題やらで後方からの位置をとったのだと思いますが、このペースなら掲示板が精一杯ですよね。でも馬の力を信じて乗った結果の一つなので、この敗戦を糧にナナコ騎手にはこれからもG1で活躍してほしいです!

的中しました。

 

今週で東京京都開催は終了し、中山阪神開催になりますね。中山が始まるとクラシックシーズン突入ですよね!春が楽しみです。

今週は中山で中山記念阪神阪急杯が行われますね。

やはり今週は久々に現地行きましたが、競馬の醍醐味はやはり生レースですね。また時間作って現地いきたいです。その為にしっかり連勝していきたいます!(笑)

ここまでお読み下さいましてありがとうございました。

もとは〜す。

 


最強競馬ブログランキングへ

フェブラリーS予想

こんにちは!もとは〜す。です。

今週は日曜は予定があるので現時点での情報をもとに予想していきたいと思います。

東京1600mは芝スタートであり、そこで行き脚をつけて行けるか行けないかでいちどりが変わってきます。更にG1クラスになるとある程度のラップ刻むため、持ち時計がないとまず馬券内には食い込めないと思います。

ポイントとしては

①芝スタートを苦にしない②1600mの持ち時計がある③マイル以下の距離でスピードを兼ね備えている④内目を突いてこれる騎乗ができる騎手

が挙げられます!

やはりゴールドドリームではないでしょうか!一昨年の勝馬で昨年は2着と自力は上位ですね。

更にG1ですので少しのロスが着差に響いてきますよね、うまく馬群で折り合って自分の力を発揮できれば勝負けだと思います。

相手は連勝中の⑥インティ藤田菜七子騎手騎乗の⑪コパノキッキングでしょうか。

人気先行型かもしれませが、菜々子騎手には頑張ってもらいたいところです!

馬券は

馬連③-⑥⑪

3連複フォーメーション

③⑥⑪-③⑥⑪-①②③⑥⑦⑧⑬⑭

ここまでお読み下さいましてありがとうございました。

もとは〜す。

 


最強競馬ブログランキングへ

小倉大賞典予想

こんにちは。もとは〜す。です!

さて、本日は東京競馬場で今年初のG1が行なわれ、ローカル開催の小倉大賞典は忘れられがちですが、今年は良いメンバーが揃いましたね。

まず、小倉2000mはコーナ4回の直線293mと

短く、器用さや右回り巧者、騎手の仕掛けなど

馬の能力以上に、「その馬の力をいかに引き出せるか」が重要なファクターであると考えます。まずは、調教から騎乗する騎手が乗ってクセなどを把握してなくては、レースでうまくいくとは思えませんね。あとは展開ですよね。

やはりハンデ戦ですので人気馬をマークする形にポディジョン取りし、ツケマイ差しみたいな形でレースを運べる可能性のある馬をピックアップしたいと思います。ポイントは

①小回り実績②調教から騎手が騎乗してるか③調教以外でも乗りなれた騎手であるか④人気馬をマークできるだけの能力があるか

以上を含めてピックアップすると

⑤レトロロック

がいいかと思います!

小倉の1800mで好タイムで勝ち上がってきている点が評価できるように、小回り(特に小倉)

と相性がいいと思います!

松若騎手が中間調教にまたがっているので、馬とのコンタクトも安心です。

人気馬の近くにつけて、最後に先頭にでてほしいですね!

相手には逃げ馬の直後位でレース出来そうな

③タニノフランケル⑤マイスタイルを本線に

前走不完全燃焼の②エアアンセム④マウントゴールド、斤量が気になるのですが前走完全復調の⑦ブラックスピネル、穴では重賞のレースが板についてきた⑪ナイツオブナイツの差し脚が不気味ですね。

馬券は

単勝複勝

3連複フォーメンション

⑤-③⑤②④⑦⑪-③⑤②④⑦⑪

ここまでお読みいただきありがとうございました。

もとは~す。

 


最強競馬ブログランキングへ

小倉大賞典展望

2019/2/17(日) 1回小倉4日 11R 
第53回小倉大賞典 G3
サラ系4歳上オープン (国際) ハンデ
■芝右1800m (Aコース)

 

1サイモンラムセス 79.6 (14番人気)
牡9 / 鹿 前4走 
(5,13,11,32)
小牧太(53.0) 梅田智之(栗東)
2エアアンセム 9.2 (5番人気)
牡8 / 黒鹿 前4走 
(5,4,6,15)
吉田隼人(57.0) 吉村圭司(栗東)
3タニノフランケル 3.9 (1番人気)
牡4 / 青鹿 前4走 
(4,1,3,4)
川田将雅(54.0) 角居勝彦(栗東)
4マウントゴールド 7.2 (3番人気)
牡6 / 鹿 前4走 
(4,1,3,6)
浜中俊(56.0) 池江泰寿(栗東)
5レトロロック 13.3 (6番人気)
牡7 / 鹿 前4走 
(6,7,1,12)
松若風馬(55.0) 角居勝彦(栗東)
6マルターズアポジー 13.3 (6番人気)
牡7 / 鹿 前4走 
(8,1,4,18)
柴田善臣(57.5) 堀井雅広(美浦)
7ブラックスピネル 14.5 (9番人気)
牡6 / 黒鹿 前4走 
(5,3,1,14)
三浦皇成(57.0) 音無秀孝(栗東)
8マイスタイル 5.9 (2番人気)
牡5 / 鹿 前4走 
(4,4,1,8)
田中勝春(56.0) 昆貢(栗東)
9スズカディープ 46.3 (12番人気)
せん7 / 青鹿 前4走 
(3,2,1,13)
岩崎翼(53.0) 橋田満(栗東)
10ケイティクレバー 13.3 (6番人気)
牡4 / 鹿 前4走 
(3,4,2,6)
秋山真一郎(54.0) 杉山晴紀(栗東)
11ナイトオブナイツ 14.9 (10番人気)
牡6 / 栗 前4走 
(6,2,1,21)
古川吉洋(56.0) 池添兼雄(栗東)
12スティッフェリオ 7.5 (4番人気)
牡5 / 鹿 前4走 
(6,3,2,8)
丸山元気(57.0) 音無秀孝(栗東)
13エテルナミノル 58.7 (13番人気)
牝6 / 黒鹿 前4走 
(6,3,1,19)
松田大作(54.0) 本田優(栗東)
14アメリカズカップ 25.2 (11番人気)
牡5 / 黒鹿 前4走 
(4,0,1,13)
幸英明(56.0) 音無秀孝(栗東)

こんにちは。もとは〜す。です!

本日はフェブラリーSなのですが、裏の開催では荒れるハンデ戦小倉大賞典です。

小回りコースはどこからでも仕掛けて行けるため展開予想が難しいですよね。

やはりこうゆう時は騎手の騎乗スタイルに注目したいですね!

予想は次回お楽しみにして下さい。

ここまでお読み下さいましてありがとうございました。

もとは〜す。


最強競馬ブログランキングへ

フェブラリーS展望

2019/2/17(日) 1回東京8日 11R 
第36回フェブラリーS G1
サラ系4歳上オープン (国際)(指) 定量
■ダ左1600m


  1クインズサターン 42.9 (10番人気)
牡6 / 芦 前4走 
(5,4,6,9)
四位洋文(57.0) 野中賢二(栗東)
2ユラノト 27.6 (8番人気
牡5 / 栗 前4走 
(6,3,1,5)
福永祐一(57.0) 松田国英(栗東)
3ゴールドドリーム 4.5 (2番人気)
牡6 / 鹿 前4走 
(6,2,0,1)
C.ルメール(57.0) 平田修(栗東)
4メイショウウタゲ 287.2 (14番人気)
牡8 / 栗 前4走 
(8,5,4,23)
北村宏司(57.0) 安達昭夫(栗東)
5サクセスエナジー 92.2 (11番人気)
牡5 / 黒鹿 前4走 
(5,1,0,6)
松山弘平(57.0) 北出成人(栗東)
6インティ 2.3 (1番人気)
牡5 / 栗 前4走 
(6,0,0,1)
武豊(57.0) 野中賢二(栗東)
7サンライズノヴァ 16.1 (6番人気)
牡5 / 栗 前4走 
(7,5,1,6)
戸崎圭太(57.0) 音無秀孝(栗東)
8モーニン 32.1 (9番人気)
牡7 / 栗 前4走 
(7,0,1,8)
和田竜二(57.0) 石坂正(栗東)
9ワンダーリーデル 266.0 (13番人気)
牡6 / 鹿 前4走 
(5,0,6,10)
柴田大知(57.0) 沖芳夫(栗東)
10サンライズソア 16.0 (5番人気)
牡5 / 青鹿 前4走 
(4,2,6,6)
田辺裕信(57.0) 河内洋(栗東)
11コパノキッキング 5.6 (3番人気)
せん4 / 黒鹿 前4走 
(7,1,0,1)
藤田菜七子(57.0) 村山明(栗東)
12ノボバカラ 250.1 (12番人気)
牡7 / 栗 前4走 
(6,3,4,19)
F.ミナリク(57.0) 森秀行(栗東)
13ノンコノユメ 17.5 (7番人気)
せん7 / 栃栗 前4走 
(7,3,1,7)
内田博幸(57.0) 加藤征弘(美浦)
14オメガパフューム 7.5 (4番人気)
牡4 / 芦 前4走 
(4,1,1,1)
M.デムーロ(57.0) 安田翔伍(栗東)

 

こんばんは。もとは~す。さて今週フェブラリーステークスですね。

東京1600mコースは、スタートが芝だとゆうことがポイントでしょう。

人気になりそうなインティや、コパノキッキングは初めてのコースですね。

どのような展開になるのでしょうか。

予想は次回のお楽しみです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

もとは~す。


最強競馬ブログランキングへ

京都牝馬ステークス予想

こんにちは。もとは〜す。です。

さて早速ですが京都牝馬ステークスの予想に入りたいと思います!

京都の牝馬限定戦ということで、難解なレースです。

牝馬特有切れ味勝負の展開に持ち込みたい馬や1400m戦なので前に行きたい馬がいたりと予想に困ります(笑)

やはりここは定石通り『先行して、速い上がりを使う馬』をみつけれるのが的中への最短距離でないでしょうか。

1400mBコース外回りは内回りに比べ直線399mあるのですが先行有利ですので相手も先行タイプを狙います。

①過去先行して速い上がりを使える馬②かつ1400mで速い上がりを使える馬

③折り合いに定評がある騎手④折り合い難がない馬

をポイントに予想すると、

⑫アルーシャです。

目下三連勝中の勢いもありますが、前走のユートピアSは先行して上がり33.6で勝っています。1400mも経験済で、その時は2歳500万下で

特有のスローペースの展開も、折り合い難なく勝ちました。

折り合いNO1ルメール騎手なら好勝負だとおもいます。

相手には、似たようなタイプの①ディメンシオンです。

新潟で33.5や東京で33.1などの鬼脚で勝ってきてます。前走で右回りも勝ち1枠を引いたので好勝負できるとみております。

後は武豊騎手騎乗⑮リナーテと実績馬の⑭ミスパンテール抑えておきます。

外枠が気になる所ですが穴っぽいところだと、⑱カイザーバルの前残りでしょうか。

馬券は

単勝

3連複1軸流し

①-④⑫⑭⑮⑱-④⑫⑭⑮⑱

⑫-①④⑭⑮⑱-①④⑭⑮⑱

ここまでお読み下さいましてありがとうございました。

もとは〜す。


最強競馬ブログランキングへ

ダイヤモンドステークス予想

こんにちは。もとは〜す。です。

さて本日はダイヤモンドステークスを予想していきたいます。

近年はアルバートを初めリピーターが多く出走してましたが、今年は全く違いますね!

まずこの距離を走ったことがある馬がソールインパクトしかいない(昨年6着)です。

この難解なレースの予想ポイントは、長距離をバテないスタミナがあるかどうかでしょう!

やはりこのレースは展開がカギになるのではないでしょうか。おそらく初距離とゆうことで

最後はバテあいになるのが予想されます。

これは何を意味することかとゆうと、脚色が同じになれば前にいる馬が馬券に絡むとゆうことですよね。4角を5番手以内で回ってこれそうな馬を選びたいと思います。

ポイントは

①長距離でバテないスタミナ②過去のレースで4角5番手以内を回ってこれるか③長距離血統④

この先の天皇賞(春)を目標にしているか

がポイントです!

それが⑩ユーキャンスマイルです。

菊花賞3着の実績はここでは実力上位ですが

前走も古馬相手の長距離戦にハナ差と、長距離路線で活路が見えてきてますね。最大目標の天皇賞にはずみをつけたいと陣営も強気なので、まず軸で大丈夫でしょう。

脚質は先行差しタイプなので、4角も五番手以内で周ってこれるのではないでしょうか。

相手には前目につけれる⑨グローブシアターや内枠②カフェブリッツ、軽ハンデの

⑧サンデームーティエを買ってみたいです。

馬券は

単勝⑩ 

3連単フォーメーション

⑩-②⑧⑨- ①②③④⑥⑧⑨ 

ここまでお読み下さいましてありがとうございました。

もとは〜す。

 

 


最強競馬ブログランキングへ